ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > POSレジを導入して会計ミスを減らす

POSレジを導入して会計ミスを減らす

 お店の運営をするとき、お金の受け渡しを行います。商品を販売した時、サービスを提供した時、お客さんからお金を受けます。
 お金をもらったときには何をするかですが、記録をしておきます。最終的にお金の残高を計算すればわかりそうですが、すべてきちんと行われていないこともあります。
 もし間違った手続きがあれば、ずれてしまいます。記録をしておけば、ずれている原因がわかります。間違いであれば修正をすることもできます。
 個人商店では記録を手で行うこともありますが、それだと会計のミスが生じる場合があります。こちらのサイトは、POSレジを導入することのメリット情報が掲載されています。
 こちらを見ると、お店の運営上で起こる問題点が解決できることがわかります。よくあるのは単純な記入間違いです。
 500円を受けたのに600円と書いてしまったり、50円と書いてしまうことがあります。間違えれば最終的にその分の差が発生します。
 記録があれば一応はわかりますが、見つけるのが大変です。


 POSレジを導入していれば、あらかじめ商品と販売価格を登録しています。コンビニなどならバーコードに通せば自動的に販売価格などが登録されるので、店員が打ち間違えることはありません。
 簡単な入力トラブルを軽減することが出来ます。単純な間違いだけでなく、記憶間違いもなくせます。
 この商品は100円だったと勘違いして記録することがありますが、実は150円だったなどがあります。
 POSレジならデータが記録されているので、間違えることはありません。レジで良く発生するのは、お釣りを間違えて差し出すことでしょう。多く渡しすぎる、少なく渡しすぎるなどがあります。どちらもトラブルの原因になりますが、お金を自分で勘定して渡すときには間違えやすくなります。
 新しいタイプのPOSレジだと、自動的に受取金額、販売金額、お釣りを計算します。そしてお釣りを自動的に出してくれます。
 それをそのままお客さんに渡せばよいので、お釣りを間違えることがありません。お金の残高が合わないトラブルを減らせます。


 最近は支払い方法の多様化が進んでいます。現金での支払いだけでなく、クレジットカード、プリペイドカード、電子マネーなどがあります。
 現金だけしか対応していないと、現金を受け渡しすることで起きる問題が出やすくなります。クレジットカードや電子マネーに対応したPOSレジであれば、現金のやり取りを減らすことが出来ます。
 すべて機械上で行うことが出来るので、問題を減らせます。慣れていない人でも、レジ業務を行うことが出来ます。