ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > 利益の向上に役立つポスレジ導入

利益の向上に役立つポスレジ導入

 お会計にはレジが必須といえますが、売上計算や商品管理の機能を併せ持つのがポスレジです。大小さまざまな商業施設で導入が進められ、今やポスレジ無しでは施設の運用が困難といっても過言ではありません。売上・商品情報が管理できる理由は、1台ごとに独立しているのではなく、ネットワークでつながれている点にあります。
 例えば大型スーパーは複数の店舗で営業していますが、本部のように離れた場所にて、店舗合計または部門別や単品の売れ数が確認可能です。通常は本部にサーバが設置され、さまざまな業務を一括管理しています。本部といっても大掛かりな施設は必要なく、デスクの上に設置されたPCから操作可能です。店舗においては日別・週別といった売れ数データが確認でき、適正発注に活用されています。売れ行きの良しあしがデータとして確認できるため、チャンスロスや廃棄ロス削減にも有効です。


 キャッシュレジスターからポスレジへと

 以前は、スーパーや量販店等での支払はいわゆるキャッシュレジスターが一般的でした。レジと呼ばれる手入力で合計していく計算型の金銭登録機の事です。ところが近年、お客様と金銭のやりとりをした時点で販売情報を管理するシステムを搭載したポスレジが主流となっています。
 ポスレジは商品部門や分類等も機種によっては詳細に管理する事が出来、販売管理システムの一環と言えるでしょう。運営本部や経営側も店舗ごとの売れ筋や売上改善を図る事が出来、仕入や販売情報も管理する事が出来るので、レジプラスデータ解析ツールと考えて良いでしょう。又データ解析が出来る事で、店舗運営の改善も見直すことが出来ます。しかも最近では、クラウドを利用したポスレジやタブ型のレジスターもあり、小型化や軽量化しながらも、タイムリーな販売状況も把握する事も出来、以前によるミスやトラブルも減っていくでしょう。


 お店の商品はポスレジのシステムで行う

 日本ではあらゆるものがシステム化されています。道路に立っている信号は誰かが動かさずとも自動で交通整備をしてくれています。時折起こる故障の時以外は人の手はほとんど必要ありません。お店の商品情報の管理もシステムによって行うことが多いです。一見どこにもそんな物があるとは思えませんが、実はレジに管理システムが入っています。
 現在の多くの店舗で使われているレジはポスレジと呼ばれるもので、バーコードから読み取った商品情報をホストシステムに送り管理します。そのデータの記録から売り上げのいい商品や売れていない商品を割り出せるため、補充などの作業を迅速に行えるようになります。管理がシステムによって行われるため、状況の把握が正確に行えることも利点です。お店の商品の回転効率の良さは、ポスレジによって徹底した商品管理と早い段階での判断が行えるおかげでもあります。

次の記事へ