ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > 一般のレジとポスレジとの違いを知る

一般のレジとポスレジとの違いを知る

お店で食事をしたり買い物をすると、店員さんに精算をしてもらいます。
商品を持って行ったりすると、それを機械に打ち込んでいます。
すると支払合計を教えてくれます。
その金額を支払い、お釣りがあればもらいます。
これが一般的な流れです。
その時に使う機械がレジになります。
仕組みとしては、一つの精算ごとに金額を集計したり、お釣りを計算したりしてくれます。
さらにはお金の管理もできます。
非常に便利ですが、基本的には一つの精算の売上とお釣りなどを計算するだけです。
一応その日の精算結果などは印刷することはできますが、それを集計したリはできません。
そのために集計作業などが必要でした。
ポスレジの場合、精算をするだけでなく売上データを集計してくれます。
ですから集計作業は必要ありません。
経理データの作成なども自動的にしてくれます。



ポスレジはスーパーやコンビニで広まった

お店の形態として、スーパーマーケットやコンビニがあります。
よく似ているようですが、両社は運営方法が大きく異なります。
スーパーはすべての店舗の運営を基本的には一つの会社が行っています。
コンビニはフランチャイズ方式で、店舗の運営は個人などが行います。
これらのお店で必要なこととして、各店舗の情報の収集と会社としての情報の収集です。
コンビニは、それぞれの店でオーナーが異なりますが、フランチャイズ運営をするにはそれぞれのお店の売上が上がらないといけません。
より細かい管理が必要になります。
その管理を実現したのがポスレジとされています。
多くのスーパーやコンビニで広まり、今導入していないところはないと言えるでしょう。
スーパーやコンビニだけでなく、その他のチェーン展開をしているお店などでもどんどん導入されています。



ポスレジは以前は導入が大変だった

お店を運営するには、お店の場所を確保したり、商品を並べたりスペース、お客さんに座ってもらうスペースなどが必要になります。
その他在庫を置いておくスペースや、飲食店なら調理をするスペースも必要です。
場所を効率的に使う必要があります。
お店を運営するにあたっては、メインの場所は商品を置いたり提供する場ですが、最終的にはお金の支払いをしてもらう必要があります。
そこで使う機械としてポスレジがあります。
ただ、当初は非常に機械が大きく、操作も非常に難しいとされていました。
ですから個人営業のお店などではなかなか導入できませんでした。
今はどうかですが、非常に簡単なタイプがあります。
タブレットなどにデータを打ち込むタイプなどなら、簡単に導入することができます。
導入コストも、1箇月当たりいくらなどなので、金銭的な負担も大きくありません。

次の記事へ