ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > ポスレジ導入のメリットと選び方

ポスレジ導入のメリットと選び方

 レジには種類がありますが特にPOSという単語は頻繁に出てきます。POSには商品が販売された時点という意味があり、1日の終わりに集計しなくても商品が販売された時点で売上などが管理され、いつどの商品がどれだけ販売されたかなどを把握することができます。
 ポスレジにはお会計ということだけでなく、様々なデータの集計をすることができ、売上を管理する点では非常に便利です。


 ポスレジを導入するメリットは、業務の効率化です。レジ締め作業を自動で行ってくれるためスタッフの負担を減らすことができます。
 どの時間帯に装品が販売されたというデータをリアルタイムで把握することができるだけでなく、在庫管理データとも連携することができるので、スタッフへの共有事項とすることが可能です。
 過去データとも比較することができるので、時期による売れ筋商品をチェックすることも可能です。
 レジの使用ログが残るので会計作業を誰が行ったかを後に確認することができ、打ち込みのときにも不正の防止をすることも可能です。
 商品の金額はデータ化されているため、レジ業務がなれていないスタッフでも急なレジ業務でも比較的スムーズに行うことができます。
 複数店舗経営している場合には、売上状況を店舗連携をすることができるため店舗運営に必要なメリットもあります。


 ただし、いざ導入後に自分のお店と合わないものを導入してしまったということがないように、事前にチェックしておくポイントがいろいろあります。
 お店の業種や規模によって、頻繁に使う機能とあまり使わない機能があります。特に多機能になるほど設置コストや導入後の保守や管理費用が掛かります。
 目的を明確にして、目的に合う製品を選びます。機種によって導入に掛かる時間に差があるため、導入スケジュールも確認しておきます。
 導入後には店舗スタッフとお客様が対面してPOSレジの操作を行うため、誰でも接客をしながらも操作をスムーズにできるような使いやすいシステムを選択することが一番です。
 最近は業種に合うタッチパネル式を選択することも可能ですので、多くの機種の中から自分の店舗に合うものを選ぶことが一番です。
 クレジットカード決済やクラウド会計ソフトとの連携もスムーズに行うものを選ぶことが一番です。
 導入する店舗が大規模か小規模なのか、地域密着タイプなのか全国規模のチェーン店なのかも選び方の重要なポイントになります。
 お店が増えていくことによって、応用ができるのか何台も増やしていけるのかなど規模によって選び方が変わります。

次の記事へ