ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > ポスレジを導入する際には何が課題化を明確に

ポスレジを導入する際には何が課題化を明確に

 ポスとは、レジスターのようにテンキーで金額を直接入力することなく、商品を販売するごとに商品の販売情報を記録し、集計結果を在庫管理やマーケティング材料として用いるシステムのことを言います。
 これのお陰で緻密な在庫や受発注管理ができるようになるほか、複数の店舗の販売動向を比較したりもできます。
 そして、どのような商品が購入されているかなどを簡単に集計することができます。ネットレジスターでも、売上の動向を確認することはできますが、店舗の経営改善に必要な経営データを収集することはできません。


 大手の居酒屋チェーンやファミリーレストランでみかけるのが、ハンディターミナルと呼ばれる小型の専用端末です。
 メニュー名と品目数を入力すると、即座に厨房に置かれたプリンターから打ち出され、レジでは瞬時に会計できます。
 この仕組みはオーダーエントリーシステムと呼ばれます。この仕組みを導入すれば、「接客スタッフの注文受け間違いが少なくなり、迅速な注文伝達で料理の提供時間が短くなることが期待されます。
 それ以外にもスタッフが注文伝達のために歩く距離が短くなりますので、余裕を持った接客サービスに振り向けられるという効果も期待できます。
 ポスレジに登録したオーダーは、売れ筋だけでなく売れていないメニューの把握も出来ます。時間帯別、価格帯別の販売動向なども数字化されます。
 そして食材在庫状況など、店舗経営を考える際に必要なデータとして蓄積され、瞬時にその状況をモニターなどに出力することが可能です。
 売れ筋の商品が正しく把握できれば、最適な食材発注が可能になり、食材の不良在庫化を防止できます。


 便利なこのシステムを導入するために、機種を選ぶ前にまずすべきことがあります。それは、いま自分のお店にとって何が課題なのか、ポスレジによって何を解決したいのかを明確にしておくことです。
 例えばレジスター専用機を使っていて、もっと便利にしたいと考えている場合、使っているレジスターにはない、どんな機能があればよりお店の運営を効率化できるのかを書き出してみます。
 現状の課題と解決したいことを明らかにすれば、最低限何の機能が必要か見えてきます。この機能をもったポスレジを探せば良い、ということになります。
 機種を選ぶ際には、周辺機器を必要に応じて組み合わせて使うことができます。
ただし機種によっては、周辺機器に対応していないことがありますので、事前に確認しておくようにします。
 そして初期費用や月額料金など様々な要素を比較検討して導入するのがコツです。

次の記事へ