ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

ホーム > ポスレジ情報 > ポスレジで在庫切れを少なくできる

ポスレジで在庫切れを少なくできる

コンビニにおいて、売れ筋商品としてお弁当やおにぎりがあります。
朝や昼、夕方、その他お店によっては1日を通して売れる場合もあります。
売れ筋商品なので、在庫切れはその分機会損失につながります。
いかに在庫切れを無くすかが課題になっていました。
以前は、それぞれのお店の店主の勘などで在庫の補充をしていました。
今日は売れそう、もう少しでなくなりそうなどの感覚で発注をしていました。
勘なので外れることもあります。
勘が外れて売れなければ、結局は売れ残りによる損失を発生させます。
ポスレジの場合、過去の販売情報などが記録されています。
同じような状況の時に、過去にどんな販売のされ方をしたかが分かるようになっています。
それを元に発注をすることができます。
勘ではなく、より確実性の高い情報を元に発注できるので、機会損失は売れ残りを防ぐことができます。



ポスレジは多店舗の情報が集計される

お店の運営方法として、一つのみのこともあれば、支店やチェーン展開、フランチャイズ展開などの多店舗運営もあります。
一つのみの場合、その店の様子さえ把握できれば足ります。
しかし、多店舗運営の場合、そのお店だけでなく、支店の状況などもわからないといけません。
これまでは、多店舗運営の場合には、その店以外の情報はその日より後でないとわかりませんでした。
昨日はあの店で何が売れたや、この店で何が残ったなどです。
それらを元に発注をしたり販売戦略を立てていました。
1日ずれるので、上手く反映されないこともあります。
ポスレジの場合、多店舗で導入すれば、各店舗の情報をリアルタイムに集計できます。
今のその店の情報がわかるだけでなく、他のお店の様子もわかります。
何が売れて何が売れていないかを見て、その場で発注できます。
その日に売れる商品の補充が可能になります。



ポスレジの広まりに商品識別コードがある

子供のおもちゃにバーコードを読み取って点数化するものがあるようです。
それぞれのバーコードで強さ等が決まるようです。
バーコードだけを見てもわからないのでスリルがあったのでしょう。
棒の並びの中に、多くの情報を記録することができます。
商品などに使われるバーコードは、商品識別コードになります。
これはにJANコードと呼ばれる特定の規格の元で数値化された情報で、全国で共通のコードになります。
ポスレジが広まる時には、このコードの存在が大きく関わりを持っているとされています。
店員は、バーコードを読み取ることで精算ができるようになりました。
もしこのコードがないと、自分で商品を打ち込んだりしなければいけません。
入力するデータが多ければ、精算が遅くなるので、細かい情報などを記録することはできなかったでしょう。
コードにより、細かい記録ができます。

次の記事へ