ヒューマンエラーをなくそう!おすすめポスレジランキング

比較検討でポスレジ導入を決めよう

日本における高度経済成長時期においては、製品やサービスが飛ぶように売れてきていました。企業・事業所においては次から次へと新製品や新たなサービスを提供することで、売上が上がっていきましたし企業の成長にも繋がっていきました。

それが今日においては大きく様変わりしてきています。成熟している日本市場においては、なかなか製品やサービスが売りにくい状況に陥ってきています。そのために企業や事業所において業績を上げていき成長に繋げていくには、しっかりと日々の売り上げや販売動向を把握し分析していくことが求められてきています。その分析に欠かせないのがポスレジになります。

現場の動向をしっかりと把握するためにはポスレジが最適ですが、多くの会社からサービスが提供されています。導入にかかるコストやエラーなどのトラブルが生じた場合におけるサービス内容などを、しっかりと比較・検討してから導入するサービスを決定することが重要です。比較検討サイトなどにおいては、いろいろな角度からランキング形式で紹介もされていますので参考にしてみることをお勧めします。

EasyPOS

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

EasyPOSのサービスに注目されています。いわゆるポスレジが昨今広まっていて、町のショッピングセンターの雑貨屋やアパレルショップ、飲食店の店舗などにどんどん普及しています。導入が簡単なことも人気の秘密です。

こちらのEasyPOSでは、レンタルが可能です。インターネットで受け付けていますので、日本全国どちらでも同じサービスを受けることができます。さらに今なら申し込みをすればタブレット端末を無料でもらえます。

無料でいただいたタブレット端末を利用し、ポスシステムを利用することも可能です。詳しい利用の仕方も簡単で、スタッフがきめ細かく丁寧におしえてくれますので、IT機器にうとくて自信がないという方もご安心ください。

POS+

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★

POS+を利用すると時間・曜日・週別で売上をリアルタイムで自動集計することができます。他のポスレジにはない機能としては飲食店ではテーブルごとのお客様単価や最後に注文してからどれくらい時間が経っているか一目で確認することができるため、追加のオーダーをお客様に確認するタイミングを逃すことなく機会損失を防ぐことができます。

美容院などではお客様の利用頻度を簡単に確認することができるので次の来店を促すアクションをすることができます。売上アップのためのヒントや機会損失もすることができ、複数店舗を所有している人には店舗の比較もすることができます。

多言語や多通貨、多消費税にも対応しています。機材を現地にて調達・購入することが可能で関税や輸入などの手間が不要です。タブレットポスを利用すると海外への店舗展開も簡単にすることができます。勤怠管理やシフト作成機能が標準装備されていて、人件費も自動で算出することができます。過去の実績と比べることができコスト管理も手間なくできます。日報の作成もシンプルで売上予実や時間帯別の集計も自動で行うことができコメントも入れることができます。

AirREGI

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

AirREGIのポスシステムはメニューや商品選択やお会計時の金額入力、売上管理や在庫管理などが直感的でカンタンに操作できるため、業務にかかる時間が短縮できます。繁雑な業務の時間や煩わしさを減らし、よりよいお店づくりに注力できます。

Airレジは売上データがリアルタイムに集計され、離れた場所でもすぐに売上を確認、分析できます。時間、日、月、年別に商品ごとの売上状況が見れるため、メニューの改編や在庫管理も簡単にポスシステムでできます。

決済方法にAlipay決済があり、決済の利便性が向上するだけでなく、スマホアプリである特性を生かし、訪日中国人の集客にも貢献します。導入費用や月額利用料はかからず、決済手数料のみで手軽に利用できます。

CASIO

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

中小飲食店で奮闘される経営者の商売繁盛の為に、使用される事が多いCASIOのポスレジ。お店の雰囲気に相応しい上質なデザインとカラーリング。業種ごとのニーズにも柔軟に対応した先進・洗練の1台をお探しいただけます。

売上を管理・分析できるモデルも数多く揃え、ハイセンスなタッチパネルからカフェ・居酒屋等で人気のスタンドレジスターや飲食店モデルも取り揃え、商品アイテムや分類が多種な場合にも柔軟に対応できるモデルが人気です。

又、幅広く簡単操作な業種にも対応できるニーズとコストを考えたデザインモデルも多く揃っております。カラーバリエーションも店舗の雰囲気に合わせて4色を用意し、カシオならではの操作性と信頼性を確保しております。

POSCO

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★

日本における国内市場の低迷状況は、長い期間にわたって続いてきています。製品やサービスがなかなか売れない中、多くの企業や事業所においては、なんとかして売上を伸ばそうと工夫をこらしています。また小売の現場である店舗においても、消費者の動向をとらえて効率のいい経営ができるよう模索しています。

そんな販売の現場では、どんな商品・アイテムがいくつ売れたのか、どんな客層にどんなアイテムが支持されているのかなどの様々な情報を効率よく収集することが重要になってきます。そこで強い味方となってくるのが販売管理をサポートしてくれるポスレジシステムになります。多くの小売業界においては導入されており、収集されたデータを分析することで的確なビジネス運営をサポートしてくれます。

また小売業界と言ってもいろいろな業種が存在しています。雑貨や食品そしてアパレルなど細分化しており、それぞれの業界において必要とされるシステムは違ってきます。そのためポスレジシステムの導入を考えた場合において、自社に合ったシステムを探すことが重要になってきます。インターネットの比較サイトですと、POSCOなどのアパレルに特化したシステムなどのサービスも比較することができますので、ビジネスサポートの大きな味方となってくれます。

PiPiRE

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★

ポスシステムが多くの企業で利用されています。新しい近代的なショッピングモールにあるアパレルショップや飲食店などは、ポスシステムを導入しているところが多いです。PiPiREでしたら、最新のシステムを安価に利用できます。

PiPiREのポスのよいところは、顧客データの集計がしやすいということです。正確な売り上げ・顧客データを利用するたびにどんどん蓄積し、分かりやすくグラフ化することも簡単にできます。IT機能を生かした小売業が可能だということです。

PiPiREは、所有されているパソコンやタブレット端末をすぐに優秀なレジに変えることができるソフトです。前提としてエクセルがインストールされていることが条件になりますが、それだけで条件はすべて整えることができ、経営するうえでの必要コストが従来のシステムよりも圧倒的に安くなります。

ポスレジ導入なら比較サイトを活用しましょう

飲食業界や小売業界などから注目されているのがポスレジシステムになります。ポスレジシステムとは、いつどんな商品がどのような年代・性別の顧客が買い上げもしくは利用したかを管理・分析してくれるシステムです。
これを活用することでこれまでの経験や勘などに頼っていた経営について、科学的に検証することができます。それによりスムーズに経営を進めることが出来ますし、改善なども飛躍的に進むことが期待できます。そんなシステム導入においては機器とともにシステムの導入も必要になってきます。
自社にあったシステムなどがどのようなものか、なかなか判断することは困難です。インターネットでは多くのシステムの比較サイトもありますので、導入する前にしっかりと比較検討することで最適なシステムの導入を行うことが出来ます。より大きな効果を期待することが出来ることでしょう。


軽減税率導入に伴うポスレジの交換を賢くする

平成31年10月1日より、消費税が10%に上がるのに伴い、軽減税率制度が開始します。軽減税率制度は、消費者にも直接影響の出るもののため、飲食や小売の関連職種の皆様は情報収集に奔走していることでしょう。
特に個人事業で商売を行われている方などは、現在使用しているポスレジが軽減税率にマッチしたものなのかという部分が気になるところでしょう。そして、ポスレジは1台で数十万円する結構高い機械であるため、事業者の方からすると大きな投資となってしまいます。
しかし、中小企業庁が行っている補助金制度を利用すれば、要件によって最大20万円の補助が出ることがあります。国からの補助金を受けるためには、領収書や各種様式など面倒なように見えますが、行政機関はしっかりと質問にも対応してくれますし、時間のない方は専門家に依頼するのも一つの方法です。
しかも最近のポスレジは顧客動向などがわかる機能もありますので、賢く交換をして今後のビジネスに活かしてほしいところです。


ポスレジで顧客データの管理が可能

以前の酒屋などは、御用聞きスタイルでした。決まった顧客があり、それぞれの家に注文を聞きに行きます。顧客がある程度決まっていて、どんなものを必要としているかなども把握しやすかったです。それに合わせて仕入れなども行えます。
今はいろいろなお客さんが来るため、なかなか必要な商品を把握できない場合があります。売れる商品を置かなければ、なかなか繁盛はしません。ポスレジは、レジに顧客管理機能を付けたシステムです。購入者の情報、購入した商品の情報を会計をするときに入力します。
直接入力することもありますが、購入者がカードを使えばそのカードから情報が得られます。その人、その年代の人、性別の人がどんなものを買うかの情報がわかります。情報がわかれば、それを元に仕入れなどができます。お客さんのニーズに合わせた商品を置くことができます。